a0

a1

a2

「魚沼産コシヒカリ」とは、新潟県の16市町村内(左下図グレー色内:合併前)で収穫されたコシヒカリに限ります。しかし、この16市町村内でも、土壌や標高、環境の違いで食味が異なり、実際に稲作に適した地域ランキングがあります。特A・A・B・・と7段階に区分され、市町村合併前、常に特Aにランクされていた地域は、塩沢町、十日町市、六日町、中里村、川西町の5市町村。(米穀データバンク資料から)

厳選吟味では、この特A地区で、標高200~300m程度、土壌は粘土質があり砂礫層が深い所に位置する場所、山から流れる有機質豊富な自然水を用い、西陽の当り過ぎない田んぼが稲作に最適と考え、それに該当する右下図白枠内で選んだ200軒の生産者のお米を、先ずは機械測定で食味値を出し、さらに試食をした上で仕入れを行っています。地元魚沼に精通しており、また生産者ではないことから、消費者の立場で美味しいお米を選べます。

 

a3